相続財産の名義変更で欠かせない遺産分割協議書の作成のお手伝いをいたします。
 トップページ問い合わせ・お申込み協議書作成手順作成報酬事務所案内

<不動産の相続登記>

当事務所では登記に関しては専門家である司法書士をご紹介させていただきます。

遺産分割協議が成立したからといって、それだけでは相続人以外の第三者に主張できるわけではありません。例えば、遺産分割によって不動産を取得した相続人が、それを売ろうとしても、そのままでは売ることができません。必ず相続人名義に移転登記しなければならないのです。

不動産については相続が発生したら、相続による所有権移転登記(名義の変更)をしなくてはいけません。

登記についてはいつまでにしなければならないという期限はありませんが、長い間手続きをしないと、公的な証明書が破棄される可能性もあります。また、登記しないままでいると、他の相続人の債権者が代位による相続登記という手段によって、その相続人の持分を差押さえてしまうことがおきないとも限りません。何年も相続登記しない間に、相続関係者が複雑になってしまい、登記が面倒になったり、できなくなってしまう恐れもあります。

わざわざ費用と手間をかけて相続登記などをしなくてもいいと思うかもしれませんが、不都合が起こってからでは遅いのです。必ず登記してください。


相続による所有権移転登記(名義変更)を
 するために必要なことは?


①相続人の間で遺産分割協議ができていること
 
 協議が成立したら協議書作成します


②亡くなられた方の戸籍を取得されていること
 (出生から死亡まで)


・戸籍謄本・除籍謄本・改正原戸籍

③相続人の戸籍・住民票・印鑑証明書の
 取得されていること


④固定資産税評価証明書の取得されていること

⑤亡くなられた方の最後の住所を称する書面
 が取得されていること

 
・住民票・戸籍の附票等

基本的に以上の書類が必要です。

当事務所でも戸籍の取得・協議書作成等を行っております。


相続登記手続きの流れ

当事務所では登記に関しては専門家である司法書士をご紹介させていただきます。

①相続の発生

②登記申請書の作成・添付書類の取得


③登記申請書・添付書類の登記所への提出

④登記所での審査

⑤登記済証の受取り


預貯金の名義変更はこちら

自動車の名義変更はこちら


 遺産分割協議書サンプル

●不動産を相続人で分ける

●預貯金を相続人で分ける

●不動産・預貯金・株式・
 借金を相続人で分ける

●相続人に未成年者がいる

■お申込み前の確認事項

■準備するもの

■作成手順

■作成費用

■お問い合わせ・お申込み

■預貯金の名義変更

■自動車の名義変更

<事務所案内>

<特定商取引法に基づく表示>

<免責事項・プライバシー>

<リンク>

相談・質問などは上記のメールフォーム以外で送信されたメールには原則として対応しいたしません。

どうしても送信できない方のみ下記メールアドレスまで直接お送りくださいませ。

info@bunkatu.com

(氏名・住所・電話番号をお願い致します。)



お問い合わせ先

〒810-0073
福岡市中央区舞鶴1丁目4番1号ハイザックビル706号
行政書士平塚事務所
代表 平塚桂太
 (ひらつかけいた)
営業時間 月~土曜日
10時~17時
日曜、祝日休み
電話
092-737-8830
FAX
092-737-8890
福岡県行政書士事務所
登録番号
第06400693号


行政書士は法律で秘密を守る義務が定められております。
安心してご相談・ご依頼ください


■行政書士法第12条■
行政書士は、正当な理由がなく、その業務上取り扱った事項について知り得た秘密を漏らしてはならない。行政書士でなくなった後も、また同様とする


●遺産相続メール相談  

●電話相談

 
●相続人調査・戸籍等の取りよせ・親族関係図の作成のお申し込み
 
●遺産分割協議書作成のお問い合わせ・お申し込み
 
●業務報酬について知りたい
 
●相続の無料小冊子のお申し込み

行政書士には、法律に定められた「守秘義務」があります。相続手続についてのお悩みトラブル等がありましたら安心してご相談くださいませ。

 事務所での面談相談 30分3000円 事務所までの地図

 電話相談 
30分・3000円  出張面談予約 福岡市近郊限定 

 小冊子『相続準備で欠かせない基本知識』  
 無料進呈中! 
電話でのお申込み 092-737-8830

 ◆遺産分割協議書作成のお申込み   お客様の声 


 ◆遺産分割協議書のチェック・確認サービスをご希望の方はこちらから


 ◆相続人調査・戸籍謄本等の取寄のお申込みはこちらから  (全国対応です)